モンストブログTOP(一覧)へ戻る

敵との反射2

author : monst.today

敵との反射の検証のパターンが穴だらけなので少しずつ埋めていきます(๑•̀ㅂ•́)و✧

[広告]

今日のパターン

06-first

こんな感じで大きな当たり判定を持つ敵に右上やや上から当てたときの動きを追ってみました。

反射の仕方によってAからDの反射位置に分けて整理してみました。

※ホントは弱点の部分も色分けしたかったのですが面倒で省きました(☍﹏⁰)

Aのエリアで当たった場合

06-Aarea

敵の左側から右上45°の位置までの反射の仕方です。

衝突時の自キャラの中心を通る垂直線を軸に対称となる角度で反射していきます。

Bのエリアで当たった場合

06-Barea

右上45°から、真右から上に約33°ずれた位置の間で衝突した場合です。

この場合は、衝突時の自キャラと当たった当たり判定の中心を結んだ線分を軸に対称となる角度で反射していきます。

Cのエリアで当たった場合

06-Carea

真右から上に約33°ずれた位置から少し下まで。

この間はガイドが表示されません。

これは、後述のDのエリアと同じ反射の仕方をするものの、反射後当たり判定の内部を通ってしまう角度になるからかもしれません。

実際にこのCエリアの部分に対して打ってみるとDのエリアと同じ動きをしました。

『なんでココガイド出ないんだ?』の謎がちょっと解けたかも?

Dのエリアで当たった場合

06-Darea

衝突時の自キャラの中心を通る水平線を軸に対称となる角度で反射していきます。

図でまとめると

06-All

こんな感じです。

まだまだ穴だらけ

縦カン、横カンに近いものや、薄い角度からカンカンしに行く角度、弱点マッチなどを追々調べて行こうかと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

結構面倒くさいんです(☍﹏⁰)

雑多なメモで申し訳ないですが、いつになるか分からないけど、きちっとまとめられたらと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

45    2

コメント



※すぐに反映されないことがございますm(_ _)m

モンストブログTOP(一覧)へ戻る

[広告]