サポートのお願い

慈悲より生まれし者 ミロク[神化] 概要

一番のお気に入りキャラに設定

慈悲より生まれし者 ミロク概要

No.2943 性別
S慈悲より生まれし者 ミロク
じひよりうまれしものみろく
6 最大Lv/運 99/99+101
属性 種族
ヒット 反射 戦闘型 バランス
Lv最大HP/タス/計 19535 / 4200 / 23735
Lv最大ATK/タス/計 24444 / 3575 / 28019
ゲージ成功時 : 33623
Lv最大SPD/タス/計 321.43 / 48.45 / 369.88
アヴィ
ゲージ
アンチブロック/火属性耐性
回復/火属性キラー
スキル 防御ダウンブラスト
自分を中心に敵を防御力ダウンさせる範囲攻撃
補足 未検証
スキル(サブ) プラズマ
ふれた仲間との間に属性プラズマを発生させ攻撃
補足 威力:2531/属性:光属性
SS
同種のSS
慈尊ノ光(12ターン)
貫通タイプで敵を貫く&DW、バリア、ワープ、地雷が無効
補足 速度8倍、攻撃力UP1倍
売却価格 9500 経験値 4500
英雄の証 1個可 ユーザ様の評価 11位(R1591)
神化元宇宙の救済者 ミロク(1572点)
素材:ゴルディ&バルディx2 スキュラx2
神化元ミロク(-点)
素材:ゴルディ&バルディx3 スキュラx3
進化先宇宙の救済者 ミロク(R1572)
素材としてこのキャラは素材になりません
ラックスキルガイド(発生率15-30%)

転載する際は転載元としてこのページへリンクをお願い致します。

アビリティ補足

慈悲より生まれし者 ミロクキャラ絵・ボール絵




ゲージショット

START / STOP

※タップの離れたタイミングで停止
※マウスのボタン離したタイミングで停止
※クソ実装なのでFPS低いです_| ̄|○

ゲージショット名:回復/火属性キラー

ゲージ速度:1倍



ピックアップコメント

全てのコメントを見る

わくわくの実

慈悲より生まれし者 ミロクにオススメの実

慈悲より生まれし者 ミロクの良いところ

項目は素人が適当に決めたので予告なく変更されることがございます

2017.12.27 「おでこ」 と 「目」を追加いたしました

慈悲より生まれし者 ミロクのタイプ

項目は素人が適当に決めたので予告なく変更されることがございます



ステータスチャート

慈悲より生まれし者 ミロク
HP:23735/ATK:33623/SPD:369.88
(HP:3.8点/ATK:3.3点/SPD:3.4点)
☆6平均
HP:22636/ATK:26813/SPD:332
(HP:3.6点/ATK:2.6点/SPD3点)
☆6反射バランス型平均
HP:22650/ATK:26470/SPD:323
(HP:3.6点/ATK:2.6点/SPD2.9点)
 

※集計対象キャラの変更により数値が変動いたします

Wiki記載内容

慈悲より生まれし者 ミロクのWikiページ

概要[編集]

慈悲より生まれし者 ミロクとは、ミロクの神化形態である。

ミロクその物はアニメ出身だがこちらは未登場。

進化前や進化後とは別の救済の道を選んだミロクの姿で、生あるもの全てに向けての救済の光を放っている。

普段のミロクとは違い、名前の元である弥勒菩薩のイメージにより近い存在である。

性能[編集]

水属性の反射で、スピード型。

アビリティはアンチブロックと火属性耐性、ゲージで回復と火属性キラー。

友情コンボは初実装の防御ダウンブラストに副友情が光属性のプラズマ。

SSは12ターンで使える貫通変化オールアンチ。

見てわかる通りアルカディアのクエストにこれでもかと言う程の適正スペックであり、やたらと綺麗なお姉さんの適正ばかりが増える彼のクエストに完全に止めを刺してしまった綺麗なお姉さんである。

ゲージ込みで33000と言う属性キラー持ちとしては強烈な攻撃力を所持し、そこに属性キラーが加わりおぞましい殴りの力を発揮する。

防御ダウンブラストは効果こそ一ターンのみだが何だかんだで結構ありがたい。防御アップする敵がいるクエストではより便りになる。

反面アンチアビリティはブロックにしか対応できておらず、スペックの高さに反して既存のクエストの適正しか貰えそうにない。







と思うじゃん?


時は2017年10月下旬、彼女の実装よりわずか半月後の出来事である。

長らくティグノス地方のみだった聖域にガラゴーラ地方が追加。

そして彼女はそのガラゴーラ地方で新たに追加されたクエストでこれでもかと言う程に適正をもぎ取った。(具体的にはセイミーの1~3全てとゲルナンドの1と3)

その後も焔摩天や阿修羅廻等の高難易度クエストで次々に適正を取得。

どうやら彼女の未来は明るそうだ。


ミロクママ[編集]

TODAYにおいて絶対に忘れてはならないのがこのミロクママと言う呼び名。

その母性に溢れるイラストや力強くも易しい台詞。 更にスピードが369.88(ミロク、母)であった結果彼女に所謂バブみを感じる人が急激に増量

オギャリスト達の手によりTODAYにはミロクママブームが到来したのであった。