サポートのお願い

木の闘神 メメント・モリ[進化] 概要

一番のお気に入りキャラに設定

木の闘神 メメント・モリ概要

No.2299 性別
B木の闘神 メメント・モリ
きのとうしんめめんと・もり|きのとうしんめめんともり
6 最大Lv/運 99/99+101
属性 種族 闘神
ヒット 貫通 戦闘型 砲撃
Lv最大HP/タス/計 18265 / 3900 / 22165
Lv最大ATK/タス/計 13597 / 6625 / 20222
ゲージ成功時 : 24267
Lv最大SPD/タス/計 204.37 / 102.85 / 307.22
アヴィ
ゲージ
アンチワープ/水属性耐性
鉱物キラー/SSターン短縮
スキル 8方向レーザー L
8方向に属性大レーザー攻撃
補足 威力:8662/発射回数:3回
SS
同種のSS
死苦の凱旋(25ターン)
狙った方向に、毒の波動砲を放つ
補足 未検証
売却価格 9500 経験値 4500
英雄の証 不可 ユーザ様の評価 523位(R1514)
運極達成率3.4%
進化元メメント・モリ(R-)
関連クエスト魂の牢獄を愛でし木の闘神
素材としてこのキャラは素材になりません
ラックスキルなし

転載する際は転載元としてこのページへリンクをお願い致します。

アビリティ補足

木の闘神 メメント・モリキャラ絵・ボール絵




ゲージショット

START / STOP

※タップの離れたタイミングで停止
※マウスのボタン離したタイミングで停止
※クソ実装なのでFPS低いです_| ̄|○

ゲージショット名:鉱物キラー/SSターン短縮

ゲージ速度:1.25倍



ピックアップコメント

全てのコメントを見る

わくわくの実

木の闘神 メメント・モリにオススメの実

木の闘神 メメント・モリの良いところ

項目は素人が適当に決めたので予告なく変更されることがございます

2017.12.27 「おでこ」 と 「目」を追加いたしました

木の闘神 メメント・モリのタイプ

項目は素人が適当に決めたので予告なく変更されることがございます



ステータスチャート

木の闘神 メメント・モリ
HP:22165/ATK:24267/SPD:307.22
(HP:3.5点/ATK:2.4点/SPD:2.7点)
☆6平均
HP:22636/ATK:26813/SPD:332
(HP:3.6点/ATK:2.6点/SPD3点)
☆6貫通砲撃型平均
HP:22446/ATK:24663/SPD:327
(HP:3.5点/ATK:2.4点/SPD2.9点)
 

※集計対象キャラの変更により数値が変動いたします

Wiki記載内容

木の闘神 メメント・モリのWikiページ

概要[編集]

木の闘神 メメント・モリとは、メメント・モリの進化形態である。

より強化された肉体で建物一つ丸々飲み込めるほど巨大な花を咲かせている姿。

ちなみにメメント・モリは「いつか死ぬことを忘れるな」と言う意味。

アルカディアの撃破ボイスである「死神はここにも存在せり…か」はメメント・モリの事を言っている。

しかしこれはただネガティブなだけの言葉ではなく、

「人間どうせいつか死ぬんだから、その分生きてる間は存分に楽しめ。」といった意味も含まれているんだそうな。

アニメ[編集]

龍馬を捕らえるも、そこにアリス卑弥呼ロミオが参戦。

龍馬は解放&回復され、いよいよ追い詰められたかに見えたが…


実は彼女には交戦中の相手の「零」状態のコピー体を産み出す能力があり、 それにより黒い龍馬、黒いアリス、黒い卑弥呼、黒いロミオがメメント・モリ側で参戦。

どれも本物を上回る実力を持っており為す術もなく皆やられてしまう。

だがレンの呼び掛けにより洗脳から解き放たれた春馬が、ルシファーを使った不意打ちで黒いコピー軍団を纏めて瞬殺。

5VS1となった彼女は今度こそ形勢逆転されてしまい、最期はルシファーのレーザーによって体を貫かれ、春馬の事を呼びながら消滅した。

ゲーム[編集]

「あなたの魂が蝕まれていく所を 見てみたいわぁ…」

丁度アニメでバベルが活躍している頃実装。

いろんな意味で凄まじいクエストのボスキャラだが、その話はまた別の記事で。

現状唯一の砲撃型の超爆キャラであり、友情コンボも8方向レーザーLと悪くはない。

ステータスもそこそこで、SSも短縮ありきだがまぁまぁな代物

ただし、クアトロアビリティなのにアンチアビリティをワープしか所持しておらず、そのせいで使えるクエストが中々増えないのが悩みどころ。

ミスターテルテルやドゥームのクエスト等ではキッチリ活躍するので気が向いたら使ってみよう。

ちなみにイラストだが、進化前同様相変わらずアニメ版との別人っぷりである。

お母さんと呼ばれる由来[編集]

作中での行動は勿論だが、何より逃走ボイス「悪い子ね……私がお母さんよ」が一番のキッカケ。むしろお母さん呼びの由来。

なおお母さんとは言っているものの 、見方を変えればアカシャ(産まれて1日)の娘であり、更に彼女自身も産まれて4年しか経過しておらず立派な幼女である。

こんな幼女誰が得するんだ……

余談[編集]

モンストの広報の一人であるりえっくす氏によく似ていると言われている。

むしろ自分から公言している。

それどころかメメント・モリのコスプレ経験まである。


「キャアアアアァ゛ァ゛ァ゛!!!」