スペースコロニー・ツチノコ

提供: モンストTODAY Wiki
移動先: 案内検索

「出撃〜!!」「「「「「ケケケ、滅ボシテヤル!!」」」」」
スペースコロニー・ツチノコとは惑星炎上!侵略の宇宙要塞 - 究極で入手できるモンスター、ツチノコの進化形態である。

概要

2017年4月の後半のガチャシリーズ、「ギャラクシーアドベンチャー」の降臨モンスターとして登場した。
元になっているのは未確認生物のツチノコで、このゲームでは侵略しに来た宇宙人たちのコロニーになっている。
しかしただのコロニーではなくしゃべることが可能。セリフの前半部分をツチノコが喋り、後半部分をツチノコをコロニーとして使用する周りの宇宙人が喋っている。

ちなみにこのシリーズの降臨はUMAが元になっている。降臨モンスターがUMAを元にしたシリーズは以前に「スターダスト・エージェント」がある。

性能

火属性でバランス型、撃種は反射タイプ、ユニバース族。25000を上回るHPが優秀だが、一方でスピードが300を下回るためバランス型の中では動けない方。
アビリティに飛行とアンチ重力バリアを所持。両方素のアビリティであり、ゲージなし。
友情コンボは超爆発。SSのツチコロビ・インベージョン(18ターン)は貫通タイプになり、敵を貫く効果。

HP増強、友情の誘発といったサポート性能があり、またアンチアビが二つで号令との相性がいい。欠点がスピードくらいと究極降臨のモンスターの中でも上位のスペックを誇る。
火属性で同ギミックに対応している運枠に非天 阿修羅がいる。地雷が回収できる上に直殴りが強く、非天 阿修羅廻になると証がつけられる上に爆発サポートも可能になるが、
HPと機動力ではこちらが優っているため、運枠としての使い勝手の評価はこちらが上回る場合がある。
彼らが実装された時期の星5以下制限クエストのモンスターはフーセンマスター バブルボーイを始め、究極降臨の中でも上位のスペックを持つモンスターが多く、星5以下制限クエストの評価が見直された一因になっている。

適正高難易度クエスト

穢土に轟く忿怒の業拳 - 超絶……ギミック完全対応。
禁秘の書架に魂は仄めきて - 爆絶……地雷回避と爆発サポート。ウラヌスからユニバキラーMが乗った攻撃を喰らうため注意。
慈悲無き断罪の終末論 - 爆絶……重力バリアに対応していて爆発サポートが可能。号令系友情との相性がいい。

クエスト

星5以下制限クエスト
出現ギミックはワープと反射制限。基本的に貫通タイプのモンスターでぷよリン(反射制限)を処理してから、反射タイプのモンスターで雑魚処理をするといったクエスト。
主な適正は映画ガチャの時の番人 エポカ、FFコラボのメタモルフォーゼ・レインズモーグリなど。

星5以下制限クエは必然的にパーティの合計レア度が20になるため、メダルのボーナスが増える。さらに新シリーズ期間中のメダル5倍も合わさってストーンや多くのメダルが確保できる。
以前の制限クエストは周回が面倒臭かったり、難易度が高いものが多かったが、このツチノコは上述の期間限定キャラを確保していた場合、そこまで難しくはなくSランクが非常に取りやすいため、メダル稼ぎが非常にしやすい
さらには上述の通り性能も良好のため、多くのユーザーが彼らに感謝することになった。またこれも星5以下制限クエストの評価が見直された一因である。

ネタ関連

「集団で攻め込んで来ている分、どこかのUFO単機で突っ込んできた火星人よりも賢い」と言われた。
ちなみにその火星人はツチノコと同属性、同撃種、同アンチアビ、同種族