セパレート・ハングドマン

提供: モンストTODAY Wiki
移動先: 案内検索

概要

 イベント「グレイトスピリッツ」で実装されたモンスターハングドマンの進化後の形態。

死ね枠入り

 閃きの遊技場_春風の広場 第4ステージにおいてアンチブロック必須クエストにも関わらず配下のアビロッカーが1順で確定の全体アビリティロックを放つ。

 これにより処理をミスった場合無駄なターンが3ターンになり、そこを狙って更に全体確定アビロを放つ事から詰みに陥れられる事で今回もまたアビロッカーを『しね枠』に認定した。

 そしてハングドマンはそれを嘲笑うように移動しながら煽るので巻き込みしね枠として認定。