マッドハッター

提供: モンストTODAY Wiki
移動先: 案内検索

マッドハッターとは、鈴蘭ジークフリートの頭上に現れては紅茶をこぼして去っていく妖怪である

概要

割れたティーカップにドヤ顔で紅茶をそそぎ、紅茶を思い切りこぼしている妖怪。通称茶こぼし
どうやら『不思議の国のアリス』に出演しているらしく、2015年9月の前半のガチャシリーズ『虹と冒険のファンタジア』で実装されている。闇属性のモンスター。種族は妖精。
同期は上方修正により今やジューダス最適(凶禍の接吻、背徳の咎 - 超絶)を持ち、銀魂コラボ(仇 - 超究極)でも活躍したドロシーと、
連覇の塔の攻略安定剤として重宝され、呂布(暴威の鬼神、乱逆の咎 - 超絶)でも大活躍する#ケロン獣神化

よく後に出てきたファントムと混同されるが、階段を降りているのがファントム、紅茶をこぼしてるのがコイツ。

性能

進化前は紅茶をこぼす以外の特技がないので説明を省く。

進化は貫通タイプ、バランス型、アビリティはアンチウィンドでゲージアビがアンチワープを所持。友情コンボは超強貫通拡散弾 EL3。
SS「きらきらコウモリ」はHIT数爆弾、コウモリを爆発させるなんてサキュバス長宗我部元親はどう思うのか。


神化は貫通タイプ、バランス型、アビリティは光属性耐性でゲージアビにアンチワープを所持。友情コンボは超強貫通拡散弾 EL3に加え、サブに短距離拡散弾 9を持つ。
SS「ティーパーティー狂騒曲」は 反射タイプになり、縦横無尽に駆けまわる という効果。

2015年の後半はガチャ限の性能がデフレ傾向にあり、スペックが低かったり、使おうにもどうすればいいのか分からなかったりしたガチャ限が溢れていた。このモンスターも例外ではない。
進化は全モンスター中、初となるアンチウィンドを持っているが、2018年6月現在でもあまり需要が増えたと言えないアビリティ。同期はこのアビ捨てちゃったし……
神化は当時基準ではかなり強力な友情コンボを所持していたり、適正が極めて少なかったエデン(福音響かぬ堕罪の楽園 - 爆絶)の適正を獲得なおSSしたりと評価される機会があるにはあったが、結局評価が伸び悩んだ。

現在では獣神化が望まれているモンスター。爆弾SSが蒲公英レベルの威力で継がれたら……、超強貫通拡散弾 EL5や中距離拡散弾を使えたら……、と色々性能を予想されている所だろう。

しかしそんな矢先、2018年6月に上方修正が入ることになった。
進化には状態異常回復が、神化にはリジェネとドレインがアビリティに追加された。

ネタキャラとしての活躍

モンストTODAYではネタキャラとして活躍している。きっかけは紅茶つながりのモンスター、鈴蘭の持ってるティーカップに向かって紅茶をこぼしているコラ画像が作られたこと。
その後、鈴蘭の頭に紅茶をこぼすコラ画像が貼られ、そこから鈴蘭の相棒として仕事をするようになる。

しかしそんな彼を鈴蘭から寝取った男が現れる、それは破竜の英雄ジークフリート。彼の額に紅茶をかけるコラ画像が貼られた結果、インパクトがあり大ウケ。
それ以来、進化ジークフリートと共に、ネタキャラとして愛されるようになった。ちなみに彼がジークフリートに紅茶をかけているコラ画像を総称して茶ジークという。

関連項目

茶こぼされ
鈴蘭
アリス
ファントム