メメント・モリ

提供: モンストTODAY Wiki
移動先: 案内検索
「彼岸の世界へようこそ…」
アニメ版


概要

メメント・モリとは モンストアニメに登場するモンスターにして木の闘神 進化先は木の闘神 メメント・モリ

一見未亡人のような見た目だが下半身は全てイバラになっておりスカート部分は檻になっている

曰く ドゥームは憤怒 ニルヴァーナは堕落 そして自らは執着を司る者らしい

執着に囚われ未来へと進めなくなった人間を見るのが大好きであり かつての自分と敵対していた春馬を洗脳し自らを母と信じ混ませ操っていた

通称お母さん

アニメ

坂本龍馬ルシファーの戦いが引き分けで終わった直後に春馬を護るために登場

レンとオラゴン以外を吹き飛ばし 闘神とは何であるかを伝える

早速龍馬と交戦するが一方的に攻撃されるのみ

しかし傷口から噴出された霧でオラゴンとレンを洗 あろうことかモンストその物をアンインストールさせることで戦いを終わらせようとした

が たまたま洗脳から解除されたオラゴンが聖闘士星矢ネタを挟みつつレンを解放

だが彼女の「傷付けば傷付く程肉体がより強化される」と言う特性のせいで最早龍馬ですら止められないほどの力を得てしまい……

ゲーム

進化前の星5の超絶キャラ

怪しい笑みを浮かべたイラストだが実はあまり評判が良くない

と言うのもアニメ版に比べてこちら側のメメント・モリは明かに顔が別人だからだ

肌が青白く目がほぼ黒目で口が小さかった彼方に対しこちらは緑色の肌に鋭い目付きそして大きな口と言った具合

なぜここまで差が出来てしまったのかは永遠に謎のままである