赤い月の解放者 マナ・アニマ

提供: モンストTODAY Wiki
移動先: 案内検索

赤い月の名のもとに、古きこの世界に終末を。

概要 

赤い月の解放者 マナ・アニマとは、超獣神祭限定モンスター「マナ」の神化形態である。進化先は情愛の天使 マナ

初実装時のガチャバナー

初実装時ガチャバナー

性能

新年の超獣神祭限定キャラ、マナが神化した姿。 アニメでは赤い月に囚われていたマナのクローンとして登場した。

貫通タイプの火属性で、アビリティが素アビで超アンチダメージウォールとアンチ重力バリア。ゲージでバリア付与である。 ストライクショットは自強化遅延という新SSで、2ターン遅延できる(自強化がかかるためか普通の遅延より1ターン短い) 友情はメインがオールレンジバレットで、サブが爆破拡散弾。 超アンチダメージウォールとはダメージウォールに触れるとパワーがアップするというもので、攻撃力が約1.3倍になる。 アンチ重力バリアもあり動きやすく、貫通のバリア付与のため仲間にバリアを付与しやすいという便利なキャラクター。 爆絶クエストの、輪廻へ導く菩提樹の仙峡 - 爆絶で高い適正度を誇る。 進化の情愛の天使 マナのインパクトが強すぎて影が薄くなりがちだが、こちらも高い汎用性を持っていて、進化神化どちらも隙のないキャラになっている。

友情・ストライクショット

友情・ストライクショットの効果が分かる動画を添付しておく。